営業時間  【9:00~18:00】 TEL (06) 6863-3666   FAX (06) 6863-3681
 

インタビュー

大阪府経営革新計画承認
使用済み蒸気を有効活用できる
新システムを開発

代表取締役  平田 弘昭  ×  インタビュアー  藤波 辰爾 (プロレスリング)


藤波:早速ですが、御社の沿革からお聞かせ願えますか。
平田:当社は私の父が昭和五十四年に立ち上げました。八年前に父が亡くなり、それを機に二代目社長に就任
した次第です。もともと私は料理人としてやっていくつもりで調理師免許も所得していたのですが、「二週間
だけ手伝え」と呼ばれて、アルバイトとして会社を手伝い始め出した時、父親が取引先様に「うちの後取り息
子です。よろしく」と(笑)。
藤波:お父上の方が一枚も二枚も上手だったのですね(笑)。
平田:はい(笑)。「これ」と思ったらガンガン突き進む、いわゆるワンマン社長でした。父の性格とはどう
も合わなくて随分ケンカしたものですが、今となっては父のような強烈な個性を持った人間だったからこそ、
会社を続けていけたのだと思います。
藤波:創業者というのは往々にしてそういうものですよね。
平田:ユーザー様から業界関係者の方まで、親密なお付き合いをさせて頂いていたようで、「今から九州に行
ってくれ」と指示されて夜通し車を運転して急ぎの修理に行ったことも(笑)。父の代からのお付き合いを続
けて頂き、今でもお世話になっている関西圏以外のお客様も多いです。
藤波:ユーザー様はどういった先が。
平田:クリーニング店様に加え、タオルやシーツなどを専門に扱うリネン会社様など、個人商店から大規模な
工場まで幅広く対応させて頂いております。
藤波:具体的な業務内容といいますと。
平田:業務用クリーニング機器及び関連商材の販売・施工、メンテナンス、クリーニング工場の設備配管工事
、専門機器関連の省エネ提案、再製機器の製造及び販売をメインに、環境事業部を新たに立ち上げ、特殊な空
気洗浄機「エコフレッシュ」や、蛍光灯に被せるだけで照度がアップするUVカットフィルムの販売、エアコ
ンやダクトの洗浄施工業も手掛けています。
藤波:再製機器というのは。
平田:ユーザー様のニーズに応じて、機器のカスタマイズや中古機器のリメイクを行ないます。ユーザー様の
中にはまだまだ職人気質な方が多くおられ、「ドラムの回転速度を速く」「ゆっくり回して」「この部品だけ
取り替えて」など細かいこだわりをお持ちの場合もありますので、できる範囲でご要望にお応えするようには
しております。
藤波:単なる中古機器とは違うのですね。
平田:はい。昨今は特に「高額の設備投資は厳しく、とは言え全く手を入れていない中古機器だと当たり外れ
があり、当てにしにくい」などの理由から、再製機器を選択される方が増えているようです。
藤波:最近ではコスト削減が必要不可欠ですから、より良い設備を安価で提供してもらえるとなれば、お客様
も大助かりですね。
平田:「ユーザー様ありき」の考え方をもとに、新しい商品への取り組みやオリジナル提案情報の発信なども
行ない、一つでもお困り事の改善・軽減に繋がるご協力ができればと頑張っています。
藤波:その流れで新製品も開発され、特許も所得されたとか。
平田:プレス機や乾燥機など蒸気の熱エネルギーや蒸気そのものを利用し、衣類の乾燥やシワを伸ばす加工を
行なうのですが、その蒸気すべてが消費される訳ではなく、熱エネルギーを奪われた残りは「ドレン水(廃熱)」
と呼ばれ、多くはボイラーへの供給温水として再利用されます。熱い温水から蒸気を作るのですから当然かな
りの省エネ効果は見込めますが、蒸気プラントから使用済みとなって還ってくるドレン水は必ずしもボイラー
給水に適切な温度になっているという訳ではなく、高温過ぎてトラブルを招き、かえってボイラーが停止して
しまうなど生産に障害をきたすことも。どちらかと言うとドレン水過多となり、何らかの方法で排熱させてい
る設備が多いように思いましたので、更なるドレン水の有効活用により省エネに貢献できないかと、温度制御
装置・除鉄機能などを搭載したドレン吸引回収装置「エコモルダー」を開発しました。上限温度を制御すると
同時に除鉄機能による水質中の錆軽減を行ない、次に温水を利用する機械のトラブルを回避・軽減することが
目的でしたが、機械設備の条件に合わせて複数の温度条件を満たす温水の供給も可能になり、更なる省エネを
ご提案できる装置を造ることができました。クリーニング店様の「こんなことできないか?」「もっと省エネ
できないか?」「うちはこうしてほしい!」という宿題を一緒に考えることで、ここまで来ました。「お客様
のご要望から生まれた装置です」とご案内させて頂いています。

藤波:エネルギーの見直しにも有効な、とても画期的なシステムですね。
平田:今年七月一二日には、大阪府から「温度制御装置・除鉄機能搭載のドレン吸引回収装置の開発・販売」の
テーマで経営革新計画の承認を受けることができました。【人は宝】という理念の下、まずはこのシステムの普
及、会社の更なる安定・成長に尽力し、叶えた暁には若い頃からの夢である飲食店を開いて、ユーザー様やスタ
ッフ達をご招待できたらと考えています。
藤波:一層のご発展を応援しています。